広い視野を備えた物理科学研究者を育成するためのコース別教育プログラム


プログラム概要

「広い視野を備えた物理科学研究者を育成するためのコース別大学院教育プログラム」について

本プログラムは物理科学研究科と高エネルギー加速器科学研究科が合同で行う双方にまたがる教育プログラムで、物理科学の学問分野において高度の専門的資質とともに幅広い視野と国際的通用性を備えた、社会のニーズに答えることのできる研究者の育成を目指した教育を行っています。本プログラムは、本学の物理科学教育の課程をさらに実質化し、研究者として必要とされる総合力、専門力、企画力、開発力、国際性などを身に付けた広い視野を備えた物理科学研究者を育成することを目的としています。そのため、5年一貫制博士課程1~2年次における大学院基礎教育を充実させるとともに、5年一貫制博士課程3~5年次において学生をそれぞれの適性に応じて4つのコース:基本コース、先端研究指向コース、プロジェクト研究指向コース(物理科学研究科のみ)、開発研究指向コース(物理科学研究科のみ)に分け、それぞれの目標に向って重点的に教育を行います。本プログラムの大学院教育が行われている各基盤研究機関では、国際的に最先端の研究プロジェクト、大規模研究プロジェクト、企業との開発研究プロジェクトなどが数多く推進されています。本プログラムは、このような優れた研究的環境を最大限に生かした教育の実質化を目指しています。また、e-ラーニングの積極的活用にも取り組んでおります。

(1) 1〜2年次における大学院基礎教育の充実

5年一貫制博士課程1~2年次においては、「科学と社会」をテーマとした「総合科学教育」や研究科共通科目の履修を推奨し、また本プログラム独自の科目である物理科学特別研究の提供を行っています。研究科共通科目では、英語教育や、各専攻の専門に関連した基礎物理科学の科目を設置しており、現在その一部のe-ラーニング化を進めています。物理科学特別研究では、複数の研究室でそれぞれ一ヶ月程度研究に参加するラボ・ローテーションを実施し、これらを通して、物理科学に関する幅広い知識と高い専門性を身に付けさせるとともに、5年一貫制博士課程3~5年次で選択するコース別教育のための準備を行っています。

(2) 3〜5年次におけるコース別教育プログラム

5年一貫制博士課程3~5年次においては、以下の4つのコース別教育プログラムを実施し、学生がその研究力と適性を磨き、将来のキャリアパスの実現に向けた取り組みを積極的に行うことができるように指導しています。

  • (i) 基本コースでは、高度な研究能力と幅広い視野をもち、社会に貢献できる研究者の育成を目指します。民間企業、公的機関、大学・研究所等を問わず、修了後進路先において幅広い要請に対応できる総合力を持った人材を輩出することを目指しています。
  • (ii) 先端研究指向コースでは、主任指導教員の他に国外の第一線の先端的研究者主宰の研究室におけるインターンシップに参加し、国際共同研究を通じて先端的な研究の専門分野を徹底的に探求しています。博士論文研究の関連分野において世界に通用する突出した研究者輩出を目指しています。
  • (iii) プロジェクト研究指向コースでは、大規模プロジェクト研究を企画・推進する能力を持ち、大規模プロジェクト研究のリーダーとなり得る研究者を育成しています。研究の内容やスケジュールを、指導教員あるいは研究グループのリーダーから与えられるという受け身の研究態度では無く、自分から研究の企画を提案できる能力を身に付けることを目指しています。
  • (iv)開発研究指向コースでは、企業等で開発研究を主導している研究者を含めた共同研究を通じ、単なる技術的興味による基礎研究ではなく、製品の市場や製造現場を理解して、技術開発する企画推進能力を持った研究者を育成しています。基盤機関におけるユニークな最先端の開発研究を通じて、実用性の高い技術開発においてリーダーシップを発揮し得る研究者の育成を目指します。

また、いずれのコースにおいても、基礎力や総合力とともに、専門力や企画・マネジメント力あるいは開発力を持った、社会に求められる高度な人材を育成することを目的としています。

(3) e-ラーニングの積極的活用に関する組織的取り組み

専攻間、研究科内外で共通性の高い講義科目について、学生が希望の日時にどこからでも講義を受講できるようにするため、5年一貫制博士課程1~2年次を対象とした研究科共通科目のe-ラーニング化を推進しています。これは各専攻の基盤研究機関が地理的に離れている本プログラムに参加する各専攻の教育を一体化するための重要な取り組みとなっています。

(4) 国際性の涵養、物理科学学生セミナー

国際的教育研究事業「アジア冬の学校」を開催し、アジア諸国を含めた国際的な若手研究者の人材育成に貢献するとともに、在学生の国際性を高め、ネットワークを拡げることにも寄与しています。コース別教育プログラムの中で、海外インターンシップや国際研究集会への参加を通して学生の国際性の涵養を促しています。また、外国人留学生のために国際的教育環境を更に整備しています。
プログラムに参加する全専攻の学生と指導教員が参加する物理科学学生セミナーを実施しています。学生が主体でセミナーの企画運営を行い、専攻間の連携を深め、プログラム全体の一体感の向上を図っています。

 

なお、本プログラムは平成21年度に文部科学省の「組織的な大学院教育改革推進プログラム」事業に採択された教育プログラム「研究力と適性を磨くコース別教育プログラム」を平成24年度以降、学内措置で継続しているものです。



新着情報

2017.09.29
在学生用ページを更新しました
「平成29年度(2017年度)後期 物理科学特別研究シラバス一覧」の更新 詳細はここをクリック
2017.08.29
学融合レクチャー「プロジェクトマネージメント概論」の開講
開催日時:平成29年11月13日(月)~15日(水) 開催場所:宇宙航空研究開発機構・筑波宇宙センター 詳しくはこちらをご覧ください
2017.08.25
活動紹介を更新しました
2017年度 夏の体験休学の更新 詳細はここをクリック
2017.08.08
学融合レクチャー「基礎デジタル計測制御演習」の開講
開催日時:2017.10.19~2017.10.20 開催場所:核融合科学研究所 土岐キャンパス くわしくはこちら
2017.08.01
学融合レクチャー「先端レーザー基礎演習」の開講
開催日時:2017.09.19~2017.09.21 開催場所:分子科学研究所(明大寺キャンパス) 詳細はこちら
2017.07.31
学融合レクチャー「センサー信号処理演習」の開講
開催日時:2017.09.05~2017.09.29 開催場所:名古屋大学 東山キャンパス(9月5日~7日)、東北大学 青葉山キャンパス(9月27日~29日) 詳細はこちらよりご確認ください。
2016.11.18
活動紹介
総研大アジア冬の学校及び物理科学学生セミナー 詳細はここをクリック